第2創業記念日

第2創業記念日

ブログ

もうすぐ3月11日、震災から10年が経とうとしています。長かったような、あっという間だったような、複雑な10年間でした。震災直後、2つあった工場と自宅を津波で流失し、途方にくれましたが、幸い従業員は皆無事でした。雇用を継続したくても工場が無い経営者が最初にしなければならないことは、まず従業員を解雇することでした。解雇通知がないと従業員は失業手当の申請ができないからです。もちろんパソコンもプリンターもありません。全員の分を手書きで作成しました。平成の森というグラウンドに従業員を集め、解雇通知を渡し、失業手当で食いつないで欲しいと話しました。新しいご縁があって他社に勤める人は喜んで送り出すし、1年後に工場を再建するつもりなので、その時にまた働きたいと思ってくれるならまた力をかして欲しい、と伝えました。

2012年3月4日、もうすぐ震災から1年になるその日、新工場が稼働しました。
嬉しいことに従業員は、ほとんど戻ってきてくれました。その時から3月4日は初心に帰る日と決めて、第2創業記念日としました。
毎年1年間の感謝を込めて、従業員に心ばかりのお弁当を配ります。今年は近くの「大衆食堂」さんにお弁当をお願いしました。今年1年皆が健康で暮らせますようお祈りして、いただきます、合掌。

外国人実習生のために生物を抜いて作ってもらったお弁当