伊里前小学校5年生の工場見学

伊里前小学校5年生の工場見学

ブログ

5月31日は毎年受け入れている伊里前小学校5年生の工場見学の日でした。今年の5年生は32名の大人数です。昨年の5年生は20名で、今年の伊里前小学校5年生は南三陸町で一番多い学年だそうです。子供が多いと無条件に嬉しくなります。
今年の生徒にはある特長がありました。全員タブレット端末持参なのです。ネットリテラシーの育成目的で県からの補助により全員配布されたようで、コロナ禍でのリモート環境整備もあって配布が早まり、南三陸町は県でも早く整備された町だと先生から伺いました。画像を編集するスキルもすでに身に付けているそうで、なんとも羨ましい限りです。ネットで世界と繋がっている環境下では、東京も南三陸町も情報取得のタイムラグは無く、教育環境の地域各差も解消されていくのだと思うと、将来が楽しみでしかたありません。

ある生徒から「コロナの影響はありますか」と質問がありました。またある生徒からは「年商はいくらですか」と答えにくい質問。そこで、年商は〇〇だけど、コロナの影響で飲食店向けの需要が落ちて昨年より売り上げが落ちたことを説明しました。それだけだと悔しいので、お客さんが増えない環境下で無理に値下げなどをして販売数を増やそうとしても利益が減るだけで、コロナ禍のなかでは値上げをするか、製造原価を下げるのが正解で、売り上げは減ったけど昨年よりは利益が出たことを説明しました。もちろん5年生にわかるように簡単に説明したつもりなのですが、多分伝わってないと思います。将来会社経営する人もこの中から出てくるだろうから頑張ってとエールを送りましたが、思えば余計な講義でした。(生徒の個人情報保護の観点から画像の目元にはボカシを入れております)